チボリを救おう!

 2008年12月31日で閉園になった倉敷チボリ公園。私たちはこの公園を残そうと活動をしています。
 小さな子供が楽しめるアトラクションがたくさんあり、森の中でゆっくりできたりと、他の公園にはない魅力がたくさんあります。このサイトを訪れたあなたの協力がチボリ公園を救う力になります。ご協力をお願いします!

Home
 ・復活と運用の具体案
 ・メリット、デメリット
 ・チボリを救おう!
 ・復活を求める理由

私たちの活動
 ・存続させる会について
 ・活動の現状
 ・担当者のブログ
 ・お問い合わせ

存続の為にできること
 ・存続のためにできること
 ・存続を求める署名をする
 ・当会の会員になってください
 ・市議選で意思表示をする
 ・友人に活動を呼びかける
 ・ブログで活動を呼びかける


現状と課題
 ・閉園決定とその後の動き
 ・公園運営の実態1
 ・公園運営の実態2

私たちの提案
 ・チボリ公園を市民公園に
 ・無責任体制からの脱却
 ・全力で経営改善する状況に
 ・経営改善できる体制を作る
 ・名称復活と本家の支援
 ・公園のコンセプトを取り戻す
 ・気軽に行ける公園に
 ・公共性と収益性の分離
 ・緑道公園よりチボリ存続を


だから存続が最良の方法
 ・チボリ公園の経済効果
 ・チボリ公園の観光効果
 ・チボリ公園の雇用効果
 ・子供に夢を与えられる街に
 ・チボリ公園は市の財産


チボリ関連リンク
 ・ 倉敷チボリ公園
 ・ 山陽新聞チボリ記事一覧
 ・ 倉敷チボリ公園事業検証委員会報告書


経営改善できる運営体制を実現

USJをお手本にしよう


 大阪にある遊園地USJもチボリ公園と同様に第三セクターが運営しています。そして、同じように経営に行き詰まりました。このときにUSJは本家から社長を受け入れ、経営再建に成功しています。

 このUSJのガンベル社長は就任当時の状態をこのように言っています。
 以前から働いている人たちにとって大切なことは、この会社の価値を高めることではなかったということです。当時は出向者が多く、毎日自分の行く場所を確保することと、自分の立場を維持することばかり重視していた社員が少なからずいました。そのため会社は成果や業績を重視した経営が行なわれていませんでした。

 チボリ公園の経営もこのような状態だったことは予想がつきます。


本家を無視し続けて成功はあり得なかった


 そして、チボリ・インターナショナルのラース・リーブスト社長には、
 残念ながら、これは、かなり程度が厳しい状況にある公園を放置しながら、倉敷チボリ公園に関するチボリ・インターナショナル社の助言を、継続的に無視した結果である。
 わたしたちの公園の成功を考えると,その事実は受け入れることさえ困難である。

 とまで言わせている状態でした。また、契約更新にあたってチボリ・インターナショナル社は、チボリ再建の検討段階で、チボリ・ジャパンの経営に参加するチャンスが欲しいと申し入れていました。

 しかし、このときも岡山県は検討すらしませんでした。ここでもチボリ・インターナショナル社の助言を完全に無視してしまっています。世界的に成功している本家の助言を無視して、とりわけコンセプトが大切となるテーマパークの運営が成功するわけはなかったのです。


本家の力を借りて再建

 しかし、逆に、チボリ・インターナショナル社に助言や経営に参画する意向があるということは、必要ならば出資をする用意があったことを意味しています。

 倉敷市が市民公園化し、これまでの経営関係者を一掃し、チボリ・インターナショナル社に支援を求めることで、経営体質の抜本改革を断行することができます。

 そして、本家のてこ入れがなされれば、公園のコンセプトを取り戻して再建につなげることもできるのです。

戻る  次へ


私たちの活動 復活させるには 私たちの提案 チボリの効果 ブログ


チボリ公園を存続させる会 代表:吉田勤
住所:倉敷市川辺1808−1
TEL:0866−98−2122
FAX:0866−98−3399
債務整理タイ・バンコク情報
inserted by FC2 system